まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHASE-28 残る命 散る命 [2005年04月30日(土)]

2005.04.30 (Sat)
タイトルからして、血の香り。
い、一体誰が「散る」?!

---
連日のサーバダウンやら何やらでご迷惑をおかけしております。
本人もやっとこ本日(5/4)記事の更新ができたところです。
まぁ、GWなので我慢してやってください。
時間帯によっては、ページが見つからないだのセッションエラーだの、
と言われてしまうかもしれませんが時間をおいてごらんください。
---

あの人が…?この人が…?まさか…?!
なんてドキドキしながらリアルタイムでバッチリみたかったんですが、
今週も週末は実家への移動中のため、後でビデオにて鑑賞。
いやね、リアルタイムでみたかったから恥をも省みず、ヘタレのVことMy携帯のテレビ機能を使って必死で見てたんですわ。


4分で電池切れ。

どこまでヘタレなんだ(泣)

さてさて、そんなこんなで28話です。
前回、無茶苦茶な戦闘に突入してしまったわけなのですが、もうこれが激戦混戦。
今回はえらいことになってました。

強すぎるシン(暴れん坊将軍の一人相撲)とキラ×アスラン(スーパーサイヤ人同士の戦いかと思った)がもう、すごすぎて圧倒された。「呆れた」に近いものがある…。
いや、目を見張る戦いだったと言ったほうがいいかな。

決して誉めてはいないよ…。特にシン…。
お前は種割れしたら「強いだけ」じゃんかよぅぅっ!!
心のない兵器のようなもんじゃないか!

その大混乱の中で、大損害を受けたにもかかわらず間一髪で助かった人間もいたが、あっさりアウルが消えてしまって、画面の前で思わず声を上げてみたり。
何だろう、「アウルの最後」の描き方は。
シンがいとも簡単に人の命を奪っていってしまうのと対比させてみると、すごく心にくる表現だった。どうだろう、子供にはわかるのかな。

トダカ一佐、やはりシンが手をかけることになってしまいました。
トダカ一佐の最後は、SEEDのドミニオンとナタルを想起させました。
タケミカズチとトダカ一佐。
己の野心に狂った指揮者への怒りと、それでも従わねばならぬ軍人としての自分。
最後まで守り抜くもの…。
「アークエンジェル(A.A)に行け!!」

もう涙無くしては語れない、トダカ一佐の最後でした。


うう…今回はすごかったぞ…。
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。