まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌声喫茶に行ってきた

2008.02.17 (Sun)
ルルル、ラララ、総帥です。
最近、ずっと前から気になっていた近所のジャズカフェに足を踏み入れたことがきっかけで、たまに(計二回程度)息抜きに行ってみたりしています。

で、先日も行ってみて、その日は何故か勇気を出してカウンターに座ってみたんです。店員はおばさんのみ。オーナーと呼ばれる森本レオ似のしぶいおじさんはいなかった。おばさんと話し込んでいるうちに、昭和の時代にはやったという「歌声喫茶」っぽいイベントをやるという情報を手に入れた。

「歌声喫茶」について説明を加えておくと、客やらみんなで楽しい曲を声高々に歌い上げるという喫茶店で、当時は新宿で一世を風靡したんだとか。総帥はとても興味をもったし(それに近所だしと思い)行って見たんだ。

昭和ってさ、長いし激動の時代だったよね。総帥なんか昭和の残りカスみたいなものなのに、昭和っぽいレトロさが好きなんていう変なやつ。年代は違えど、それなりになんとかなるだろうと思ったの。長い入院生活だって、おじいちゃんおばあちゃんだらけの中でなんとかやってきたしさ。


会場にはいかにも昭和という時代を謳歌しましたみたいな方々が集まっていた。
その中で、一人若い総帥は、渡された歌集をとりあえず開いてみた。

…歌集の大半の歌が分からない。
(大体予想はついてたけど)し、しまったーーーーー!!


しかし、そこは総帥。
歌集には楽譜が載っている。楽譜さえあれば、なんとなくいける。

楽譜が読めることをこんなにうれしく思った日はない(かも。あくまでノリで)。
隣の方に、「知らない歌だと思うのに、よく歌えるわねぇ。感心しちゃった」なんて言われて、グッ☆って感じですよ。でも、音符がなかったら泣いてた。絶対即帰ってたよ。

ちゃっかりバリバリの昭和人として溶け込んじゃってたし、ピアニストとオーナーのコラボ(オーナーの伝説のサックス生演奏)も聞いたし、もうご満悦の総帥でした。どこからどこまでが歌声喫茶かよくわからなかったけど、歌声喫茶ってのもいいなと思いました。また行こうと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

一回ぐらいは総帥さんの歌を聞いてみたいですねー。

僕は音感がよくないので楽譜があっても歌えそうに無いですねー。
僕がカラオケで歌ってる昭和の歌って多分ベルばらのOPと天城越えぐらいなのでその場にいたら聞き専門に走るかも。
(エグイ曲ばっかでもよかったら)歌いますよっ!!

昭和の曲って言ってもね、世界各国の民謡(ロシア民謡などを日本に持ち帰って詞をつけなおしたやつ)とか、誰それがデビューした時のなんとかって映画のテーマソング(無論、私は知るはずもない)とかそんなんばっかだったよ。

つか、キングくんの天城越えを聞いてみたいな(笑)
そんな歌声喫茶でも歌える何か色々歌えるレパートリーがあったりなかったりな僕ですがwww

あとね、空気読まずにびずある系も歌っちゃうんだ(ぇ
選曲を間違えずに、且つ上手ければ意外と納得してもらえるんだぜ?wwwwwwww
是非美声を披露してやってくださいよ~

ママに「リクエストがあったらどんどん言ってね」って言われているんですけど、そうですね、びずある系いっちゃおーかなー笑
楽譜あれば伴奏の人だけ弾ける→私だけ歌える=独唱、周囲の人=観客……それはさぞ気分がいいだろうな。うふふ。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。