まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAZZライブ

2008.02.24 (Sun)
最近、念願の「背負えるトランペットケース」を手に入れた総帥です。
人気商品だそうで、一回逃すと数ヶ月待ちというシロモノだったんですが、石橋楽器さんがご親切にもいろいろ手配してくださったおかげで希望通りのものがほんの数日で手に入りました。どうもありがとうございました。

とまぁそれはいいんですけれど、今日は近所のジャズカフェで、月例(?)のジャズライブがあるってことで、既に予約済の総帥は気合入れて会場に向かいました。例によって、近所のカフェです。客層も予想通りの感じで。この間の歌声喫茶の時の方もちらほら見えたので(ほんの少しだけ)ホッとしました。それでも、プロってる生JAZZをこんなに間近で聴けちゃうってことで、本当にドキドキしながら開演を待っていたんです。

しかしそこで事件が発生。

オーナーのサックス(テナー)のストラップがない…。

さすがにテナーだからストラップ無しで演奏するって訳にはいきません。アレ、相当重いんですよ。それにストラップないと、当然使えない指も出てくる…。しかしもう開演時間は迫っています。

そこで、「ヒモ(=ストラップ)待ちですが…(笑)」とかいって、他のメンバー(Gu、Ba、Dr)は早速演奏を始めました。


オーナー、早く!早く!演奏間に合わないよ!!


あっオーナーが何かヒモ状の何かを見つけて来た!
ああっ、それは明らかに電気コードのプラグ部分を取ったやつだー!!

首にかけて楽器の穴に通したー!!
しかも客も手伝って良い長さに縛り付けたー!!!

吹き始めた!
やったー!間に合ったー!!!


一曲目終了。いろんな意味で感動した。

オーナー曰く、ストラップ紛失(行方不明)はよくあることなんだそうですが…その度にいろんなヒモ状のもので代用するんですって(笑)

まぁそんなトラブルもありながらも、とても素人には真似できない、かなり上等のセッションが目の前で繰り広げられて行きます。何部構成だったのかよく分かりませんが、女性のボーカルの方が入っての演奏もありました。

途中、近所のサックスをやっている方が着くや否や、ストラップがオーナーの手に渡り、ようやくまともなストラップになりました。オーナーも安心、メンバーも安心、聞いてる皆も安心。これでオーナーも自分のプレイを存分にできるってもんです。

オーナー「吹いてるうちにだんだん縛ってたところが緩くなって長くなってきちゃって、仕舞いには音でにくくなっちゃった」

それでも電気コード引っかけて吹いていたプロ根性に感動です。

たくさんの曲目をスーパープレイで魅せてくれたバンドメンバーですが、オーナーのサックスも素敵でしたが、ウッドベースの方のプレイも結構好きでした。ギターのちょいワルオヤジ系の方も、高校の時の世界史の先生に激似のドラムの方も良かった。もちろんボーカルもね。メンバー皆凄い奏者ですよ。楽譜なんかなくたって、他の楽器用の楽譜だろうが、「たぶんこんな感じだった」くらいのおぼろげな記憶でも演奏できちゃうんだもんな。ホントに凄い。


彼らのようなスーパープレイは無理にしても、せめて現役の時を少し思い出すくらいの練習はしたいなぁと思う、元トランペット奏者の総帥でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。