まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総帥家らしさ・・・

2009.10.28 (Wed)
昨日はあまりまとまりがないがとってもしんみりした記事になってしまいましたが、何をしていても哀しみはいまだ消えぬのですよ・・・総帥です。

そんな総帥ですが、今日はちょっと趣向を変えて書いてみようと思います。
ってやっぱりお葬式関連ですけど。


お葬式。それは誰もがたやすく想像がつくであろう切ないお別れの儀式なんですが、まぁなんともアレな総帥家のお葬式の小話を聞いてくださいな。


【通夜】
・親戚が集まる中で想い出話をするおばさん。懐かしい写真を見ながら、私の父の昔の写真も発見し、それを見て一言。 「そういえばはげてたねぇ」・・・誰も何ともその先は敢えて突っ込まないけど、親戚のみなさん、爆笑。ちなみに今は「のせて」ます・・・。

・枕経、納棺等、通夜の儀式が終え、たくさんの人たちが帰られて親しい者達だけになった頃・・・あまりに疲れてしまって、窮屈な部屋に引っ込んで寝ようかと思った。姉のベッドの所に敷布団があったので、勝手に部屋の隙間に敷いて寝ることにした。

「アンタ!!ちょっと!!!」戻ってきた姉に起こされた。爆笑しながら教えられたのは、私がその布団、納棺前まで祖父が寝ていた布団でした・・・。当然、親戚中の伝説になってしまった・・・。


【葬式当日】
・祖母、焼香の直前にトイレ宣言。誰もが間に合うのかとヒヤヒヤしたが、なんとか間に合う。丁寧に3人の僧侶に拝礼し・・・何故か父にまでしっかり拝礼。気付いた人たちは皆笑いを堪えていた・・・。父は生き神様かと。
・母(着物着用)の草履の底がはがれた。しかも両足とも。前日までは何ともなかったのに。
ちなみに着物の帯は超短かったという誤算。

・葬儀を振り返り、母。「ああ、こういうことも用意しとけばよかったのに。次こそは・・・」
お母さん、「次」って・・・。



じいちゃん、笑ってたろうな・・・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

うちのじいちゃんが亡くなった時は、
柔道で7段とかそれなりにすごい人みたいとは思ってましたが、
富山大の教授とか来てたりして予想のななめ上をいってましたねぇ。

一緒に住んでたりしてないからか哀しいというよりは、
すごかったんだなぁという感じでした。
やっぱじいちゃんの凄さは違うよね!

自分の小ささを感じた・・・笑

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。