まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時を刻むもの

2010.03.25 (Thu)
こんにちは、絶賛血迷い中の総帥です。

先日実家に帰った時、ふと思い出したことがありまして、
家族や親戚のヒントを元にお蔵探検してみました。

ヒントと言うのは、祖父の想い出のこと。
昨年秋に亡くなった祖父がのこしたものが、
我々家族や親戚の想い出の中にも深く刻み込まれていました。


PAP_0032.jpg   たとえば、懐中時計。
   
   皆、ねじを巻いている姿をよく見た。
   あの姿が今も目に焼き付いている。
   時計が止まる前にじゃなくて、
   何故だかいつも止まっちゃってからねじを巻いていたなぁ。
   
   ある一人の人物のある一つのモノにまつわる想い出が止まらない。
   
   
モノは故人の姿を蘇らせる、まさにそんな気がしました。

そして、
モノを本当に大事にしていた祖父の姿に
あらためて尊敬の念を込めて手をあわせる総帥でした。


※追記
時計の詳しい方に写真を見ていただいて判明したことなのですが、
この時計、中身は腕時計の機械を使い出した頃の製品なんだそうです。
へぇぇぇ、そうだったんだ…
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。