まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイクスピア

2011.03.06 (Sun)
今日の二冊
リア王 (光文社古典新訳文庫)
ハムレット (新潮文庫)
シェイクスピアかぶれかと。。。

QとFの話、リア王の解説によれば、リア王にはQ1とF1があるそうだ。
新潮文庫のハムレットはQ2を元にした原文*の翻訳みたい。
*原著の校訂者(と解題に記載)ドーヴァ・ウィルソンはQ2を重視した、とのこと

ちなみに、昔勢いで買ってしまった英語本ハムレット「Hamlet Prince of Denmark」Edited by Philip Edwards(Cambridge University Press)では、IntroductionにquartoとFolioについてしっかり書いてあったわ。Q2とFの記述の比較もされている。と、今更眺めてみたりして…。

蛇足だけど、「to be or not to be」ってセリフは、Q1では出て来ない。

ハムレット読むと思い出すのが「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」(トム・ストッパード)。
何年か前に舞台でやっていた気がしたんだけど、見逃したし、映画も見ていない。この機会に探してみよっかなー

-------------------------------------
☆総帥の挑戦2011☆(2011/3/6現在)
<Run&Walk>
【総距離】(1/1~)
・Walk:212.0km
・Run:4.4km
・カロリーカウンター:274.513歩,126.4+11.5km
【挑戦中】☆Walk300km(1/8~)
・現在:165.3km
・達成率:55%
<Reading>
【総数】
・44冊
【挑戦中】☆年間100冊(1/1~)
・現在:44/100 冊
【最新読書リスト】
リア王 (光文社古典新訳文庫) シェイクスピア
ハムレット (新潮文庫)ウィリアム シェイクスピア
-------------------------------------

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。