まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末的な週末

2011.04.10 (Sun)
人生は夢…甘き夢……なんて言ってみたいかも。総帥です。

買い物に行ったり、家事をしたり、穏やかな週末でした。
そういや、トレーニングもさぼってしまいましたw

さ、一週間かかってようやく花のノートルダムを読み終えました。
別にその手の趣向はございませんが、とにかく凄かった…過激すぎる。読書メモにちろっと書きますが、まあ、そんなお話。噂以上の文学でした(いろんな意味で)。

週末恒例にしてしまいつつある、総帥の挑戦の状況を書いておきます。
-------------------------------------
☆総帥の挑戦2011☆(2011/4/10現在)
<Run&Walk>
【総距離】(1/1~)
・Walk:288.0km
・Run:4.4km
・カロリーカウンター:439,224歩,190.37+30.4km
【挑戦中】☆Walk300km(1/8~)
・現在:241.6km
・達成率:80%
<Reading>
【総数】
・61冊
【挑戦中】☆年間100冊(1/1~)
・現在:61/100 冊
【最新読書リスト】
・「花のノートルダム (光文社古典新訳文庫)」ジャン ジュネ
-------------------------------------

以下は読書メモ。
花のノートルダム (光文社古典新訳文庫)
まずね、本の裏側に書いてある予告(というか…)が凄いの。

泥棒で同性愛者だったジュネは、獄中で書いたこの処女作で20世紀最大の〈怪物〉作家となった。自由奔放な創作方法、超絶技巧の比喩を駆使して都市の最底辺をさまよう犯罪者や同性愛者を徹底的に描写し、卑劣を崇高に、悪を聖性に変えた、文学史上最も過激な小説。


ホントに過激な小説。電車の中とかで読めないw訳した人も、よくぞ訳しましたという。すげーわこれは。

内容はアレなんだけど、表現がなかなかおもしろかった。「真珠が落ちた」とか、上品になんてことをw
 注)「真珠が落ちた」→「穏やかにおならがでること」
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。