まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どくしょさん(メモつき)

2012.04.07 (Sat)
さ、忘れないうちに今回もメモしとこ。今回は2冊です。 
-------------------------------------
☆総帥の挑戦2012☆(2012/4/7現在)
<Reading>
【総数】
・11/100冊
【最新読書リスト】
海に住む少女 (光文社古典新訳文庫) シュペルヴィエル
ちいさな王子 (光文社古典新訳文庫) サン=テグジュペリ
-------------------------------------

海に住む少女 (光文社古典新訳文庫) シュペルヴィエル

短編集。それぞれの短編がかなり特徴的。また解説が充実していて良かった。「死後の世界」の解説で、”(前略)死は、生の対極にあるものではなく、もっとあいまいで、人間くさいものなのだ。”という一文に妙に納得。シュペルヴィエルにとっての人生観が良く分かる解説。

ちいさな王子 (光文社古典新訳文庫) サン=テグジュペリ

星の王子様。何年ぶりに読んだか分からないけど、相変わらず心にくるお話。自分が何歳になって読んでも新しい発見と王子様の言葉が胸に響く。大事なものは目に見えない、心で探さなくちゃって。
光文社古典新訳文庫版は特に良かった。解説もあとがきも隅々まで読むのがおすすめ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。