まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様のボート/江國 香織

2005.08.18 (Thu)
総帥の好みの本は、世界の古典モノなのですが、近年はそれにこだわらずいろいろ読んでいます。
最近読んでいたのは、江國 香織の神様のボート。
江國作品はあまり読んだ事がなかったけれど、ちょっと注目していた作家だ。
本屋でレビューを目にして、読んでみようかなと。

読んでみたら、すごく等身大の物語というか…決してこういう(ストーリーのような)体験をしているわけじゃないんだけど、とても近くに感じてしまう。

自分の近くに感じたのは、一つ理由がある。
いや、二つかな。

まず、自分の住む町が登場していること。
町の雰囲気に納得できる。

そして、現代的な興味を引くキーワードがちりばめられていること。
個人的にはポケモンが出てきているのが笑った。
ミュウのキーホルダーとかさ。
でも、それらが決して浮いているという訳じゃなくて、すごく「わかる」「納得できる」演出なのだ。

ともすれば時期はずれ、時代遅れになってしまうのかもしれないが、ある程度日々を生きた大人なら、その時差が懐かしくさえ思えるだろう。

男性でも女性でも、大人に読んで欲しい作品だと思う。
でも、ちょっとおませな子供が読んでも面白いかもしれませんね。
子供さんが読む場合は、大人になってからもう一度読むと…大人の事情が良く理解できるかもね(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。