まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLOOD THE LAST VAMPIRE(DVDレビュー)

2005.08.17 (Wed)
BLOOD The Last Vampire
監督 : 北久保弘之
脚本 : 神山健治
出演 : 工藤夕貴 , 中村佐恵美
収録時間 : 48分

押井守氏がらみで観てみました。
本作については、日本刀を武器に吸血鬼と闘う少女・小夜の声を工藤夕貴が演じている。予備知識はそれくらい。
というわけで、事前にはほぼ何も知識を得ずに望んだ作品でしたが、それでも結構観られると思いますよ。
ただ、主人公・小夜の事情や、ストーリーの詳細は描かれませんので、何とかストーリーを追うのみでした。

理解しがたい世界観でもあったのですが、キャラクターの動きや画が大変すばらしいものであったことは確かです。
そういった点ではとても勉強になる作品だと思います。
だからこそ、時間の長さに物足りなさを感じたりするのでしょうかね。
ライブに行って「アンコール!」とか叫んでしまう心情でしょうかね。

何より、字幕と音声の言語選択を何にしたら良いのかで大混乱するという、無駄な慌てっぷりの後の鑑賞でありましたので、総帥、必死モード。
見終わった後にはかなりの脱力感が・・・。
緊張感のある本編でしたので余計にそんな感じでした。

レンタルモノでしたので、市販盤は「完全版(たしか・・・)」なるものも出ているようなので、より深くBLOOD THE LAST VAMPIREの世界観を体験したい方は、そちらが適切なんでしょうな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。