まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年2回目の健康診断

2005.09.30 (Fri)
1年間に2度もやれるなんて…総帥です。
今日は新入生教育の日だそうで、もれなく健康診断が付いてきます。
春にやったばっかりなのにね。
まぁやってもらえるものはやってもらっときましょう。
新入生とはいえ、年も年ですし、色々心配事もありますしね。
(※本日は喉が異様に腫れていたり、風邪をひいています)

ということで、健康診断会場に向かいます。

まず受付を済ませます。
受付番号「1」。
ちゃっかり一番乗りしちゃってます。

今回は、身長・体重→尿検査→視力→聴力→内科→胸部X線…という流れだそうです。
春と全く一緒です。
規模は10分の1位ですけどね。

身長体重はノーコメント(笑)
尿検査は全く問題なし。
視力、前回よりも低下。
聴力、聴力検査の機械が不調。総帥の聴力は問題なし。
内科検診…
ここで予想外の展開です。
「程度の悪い貧血かも」
原因をハッキリさせた方が良いとか言われているうちに、なんだかその場でも検査が出来ることに気づいたらしく、突如採血の準備が始まりました。
血液検査のスペースっていつも用意してありますけど、今までの検診で採血されている人を一度もみたことがありません。

レア、総帥。

総帥の心の中「やばーい、やばーいよー」

…いやね、採血や注射と言うと、必ず具合が悪くなってひっくり返ってしまうんですよ。
別に注射が嫌いとか怖いとかという類の問題ではなくて、身体の拒否反応です。
総帥の身体は、異物が入って来るのに必死で抵抗しているんでしょう…。

一応、こういうことが分かっている場合は、先に相手に伝えておいた方が良いです。
それなりの対応をしてくれます。
注射アレルギーってのも実際あるらしいので(検査技師談)同じことが起きてしまうと言う方は、注射や採血前に言っておいたほうが良いかもしれませんね。

で、話を元にもどしますと、総帥がそのこと伝えるや否や、VIP並の待遇です。
まぁ数ミリしか採らないみたいだったので、酷いことにはならないだろうと思ったのですが、採血直後には数人の手で寝かせられ、定期的に声を掛けられたり、もう大丈夫そうだからと起きようとすれば「ゆっくり休んでいって」と言われ寝かせられる。

ああ、じゃ、お言葉に甘えて…と、体育館みたいなところでごろんとしている総帥は、後から来た健康診断の受診者達にはどう映っていたのかが心配…。
この人どうしちゃったんだろう…みたいに。

そんなオプション検査までやったあとは、ラストのX線です。
ってか、一番で受付したはずなのに、x線はかなり最後の方でした。

ま、順番なんてどうでもいいけど、とにかく異常がないといいな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。