まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムSEED DESTINYスペシャルエディション「砕かれた世界」後編

2006.05.03 (Wed)
はい、随分更新が遅れましたが後編のレビューです。

-----------------

(゚д゚)

↑総帥


いや、もう…もはや感想など…
昨日、「後編まで合わせて見なきゃわからん」みたいなことを書きましたけど、あわせてみたら見たでもうどうしようもない。

だから、気になった点をかいつまんで書き逃げしたいと思います。


・ハイネ専用ザク登場
本編で見られなかった、あの伝説のハイネザクの活躍が見られましたね。ガンプラではハイネ専用グフより随分前に発売されて話題となったMSです(総帥も作りました)。あの戦いの功績でFAITHに任命されたとかって話ですね。

まぁ念のために言っておきますと、
長目のシーンでありながらも、ハイネの台詞はありませんでした(笑)

・シグー結構でてたんじゃん
総帥の大好きなMSシグーですが、本編ではあまり見られなくて残念と言うような感想を書いておりましたが、意外にも登場してたんですなぁ。

・トダカ一佐ら、最初から正統派だったんだ
今回はシンとの関係性も意識して登場させているような感がありました。本編では、自分の正義を貫いて逝ったトダカ一佐がとても印象的でしたが、実はあの時から…?!みたいな場面がありましたね。本編ではこのシーンが無かったよーな気がしますが、総帥の思い過ごしでなかったら、いい味付けですな。


…というわけで、以上スペシャルエディションレビューでした。

そういや、このスペシャルエディションの情報を色々見ておりましたところ、SEED関連では、「機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER-」なる続編(というかアナザーストーリーみたいな?)の情報が出ておりました。どんなお話になるんでしょうかね。期待しときましょ☆
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。