まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カカオ99%VSカカオ86%(VS総帥)

2006.06.11 (Sun)
某引越し会社風に言うと、

 甘いチョコが好きです、
 でも苦いチョコはも~っと好きです

…総帥です。
話題のあのチョコレートを買ってみました。
苦いチョコは好きですが、CACAO99%とはどれほどのものなのか。
原材料名を見たら、少なくとも味が想像できるかと思います。
想像できるのに、人は何故買ってしまうのだろう。

カカオ99%
20060613210930
パッケージは他のより小さめ。
砂糖などの甘味料は一切入っていない…。

比較のために86%も買ってみた。
200606132109302
70~80%程度のものは過去に食べたことがある。
あのおいしさに苦いチョコにはまったのさ。
もう甘いチョコは食べられないね!とか言ってた気もするよ。

さて、今回のチョコは「健康とおいしさを考えた大人のチョコレート」と書いてあるから、これだって本気でおいしいに違いない!相当苦いだろうけど、きっとおいしいはずなんだ。



・99%を体験してみる
…うぅ(←ものすごい渋い顔)
ひとかけらだけを口に含んで味わってみたが…
うまいとかうまくないとかもはやそういうレベルじゃない。

苦い。
その一言に尽きる。

耐え切れずに思わず86%の箱を一気に開封する。


・86%を体験してみる
なんとっ!!!
86%がものすごく甘く感じるぞ!!
99%ってすごい!!!(笑)


…さすがの総帥も99%には驚いた。

で、驚いて懲りたのかと思いきや、「意外とイケル!」とかいってパクパク食べてたり…。また買っちゃうかもなー。

そーいや、最近小さいサイズで99%を含む4種類のお試しサイズのチョコセットが売られているのを見かけました。ちょっとだけ試してみたいとか味見をしたいという方はそれで十分なんだと思います。さまざまなCACAO99%体験のお話を読んでいると、99%が世の中に与えた衝撃があまりにも大きかった気さえします。苦いのが苦手な方はお気をつけください。

どうでもいいですが、苦い=大人の味というのにはどうも納得がいきません。本当に大人の味は「苦さ」だけで表現できるのだろうか?

総帥が考える大人の味は、もっと複雑な味だと思います。もちろん苦さもあるでしょうけど、甘かったり辛かったり酸っぱかったり、言葉にできないような塩辛さや切なさ暖かみ重さ、淀んだ感じ、虚しさ、悪意が渦巻いている感じ、などいろんな物が詰まっていると思います。最後のはもう味ですらないですけど。

でも…そんなリアルがいっぱい詰まったチョコレートは食べたくありませんし要りません。そんなものが実在したら、嘉門達夫に「あったら怖い」のコーナーで紹介されること確実です。ですから、大人の味代表である「苦さ」の詰まった、「(おいしく)食べられる」カカオ99%を噛みしめて大人を感じたいと思います。

なんて酷いまとめ方だ(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。