まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のショッピング/非常事態

2006.06.25 (Sun)
今日はすーーーーっごい久々にゆっくり買い物できました。といっても時間的にはそれほどゆっくり、というわけでもなかったんですけど、気分的には本当にゆっくりした!という感じでした。
ずっと後回しにしていて結局買っていなかったものもやっと買えましたし、満足満足。ファンデーションとか…服とか…CDとかもね。

ファンデーションはもうかなりやばかったので、今日買わないと明日から相当薄化粧になりそうな勢いだったのでホント良かった。
今日は色を選んでもらったりだとか、いろいろ他のものを試したりだとか、いつに無く慎重に選んでました。いつも買うものは同じメーカーの物なんですけど、ラインが変わってしまってからはなんとも自分で選ぶ勇気が無いというか、選ぶことに対するやる気がなくなってしまったというか(笑)

しかも総帥は化粧には凝らないので、あまりモノを持ってませんし、手順も結構適当なところもあるのですが、行きつけの化粧品屋でいつも何かを購入する際にちゃんと教えてもらったりします。あんまり実践していないのが痛いところですがねー。

グロスも欲しかったので、こちらもいろいろ試させてくれたんですけど、店のお姉さんとキャッキャキャッキャ言って楽しく選んでました。
これ、メーカー名を言っちゃうとアレなんですけど、篠原涼子とかエビちゃん(蛯原友里)とかが宣伝してるものなんですが、その宣伝に出ている人の(宣伝で付けている)カラーそれぞれにわざわざ広告の切抜きが貼ってあって、「これはエビちゃんカラーですよ~」とか「篠原涼子モデルですよ~」とか言いながら総帥に付けてくれるんです。

それで、「エビちゃんカラー」を総帥に付けたときのことです。

 総帥&店員「…キャハハハ☆」
 総帥「派手すぎましたね(笑)」
 店員「さすがエビちゃんモデル!」

もう何が「さすが」なのか全く意味が分かりませんが、結果的には篠原涼子モデルのカラーを買いました。他の誰モデルか分からない薄い色のもなかなか良かったですが、とにかく「エビちゃんモデル」だけはダメでした。エビちゃん、恐るべし(違うか)

さてさて、総帥が化粧品の話をするという珍しいことをしましたが、この方面に関しては全く詳しくないので、小ネタとかマニアックな話も書けません。そして、総帥はファンデーション以外はおフランスの物を使っていますので、その辺のお店に並んでいるアレやコレは良く分かりません。てことで、次は服の話にいきましょう。

服を買いにいったら、総帥は驚いた。
一番近所のマルイさんがもう夏のセールやってんの。
これはいい時にきたなと思ったんですけど…

確かにタイミングは良かったんですが、良く見たら「閉店セール」だそうで。どうりでセールがこんなに早いわけだ。

…切ないなぁ。ここはすごい買い物しやすかったのになぁ。
って話を某ショップの店員さんと話をしながらシャツとちょっとした上着とキャミを買いました。いかにも総帥らしい、そんな服です。はい、また黒っぽくてごめんなさい。夏場は蜂に刺されないように頑張ります。

そのあと、これまた久々の○ニクロさんへ。
夏に向けて(おそっ)運動しようと思って、夏用スポーツウェアを中心に見ようかなと思っていったのですが、タンクとか別の物を買って帰ってきました。まぁそんなもんです。

あとはCDショップを巡って、予約していたCDを取りに行ったり、例によってV系チェックを…。うーん、大満足。しばらく来なくても大丈夫だな☆

そうして、たくさんの荷物を抱えて、今日はいい買い物した!!と満足げに帰ってきました。今日は充実してたな~と、超笑顔で帰ってきたわけです。





ところが、総帥が家に着くと、あるトラブルが待ち構えていました。

大人の事情+色々特定されてしまうことがあるのであまり詳しくは書けないんですけれども、要するに、近所の人間と軽くトラぶった、みたいな感じですかね。

総帥は直接の原因ではありませんので、自分は悪くないと思っているんですけど、総帥家のことなのでそれとばかり言ってはいられません。
総帥家のあるアパートは(相当ボロい上に)各部屋が非常に壁が薄い、という話を何度かしたことがあると思いますが、それが一つの要因でもあります。しかし、普通に暮らしている分には多少隣人の音は聞こえますが特に互いの生活の妨げになるようなほどにはなりえません。

そのはずなんですけど。

生活の妨げになってしまう音が一つだけありました。
以前から気になってはいたんですけど、この部屋の大きさと壁の厚さにしてはものすごいでかい音なんですよ。もうここに6年ほど住んでますが、鳴ると今でも一瞬ビクッとするほどです。
それは、

玄関のピンポン(←インターホン)です。

常識の範囲内の時間で常識的なピンポンを鳴らしてくれる分には全然構わないのですが(元々家に備え付けられている物ですし)、まぁ…なんですか、その、常識を超えた非常識なピンポンとドアノック?をした輩がいたそうなんですね。そして、その来訪のインターバルが短く(この辺は良く分からない)何度も何度も来たということなんですよ。

総帥は家にいなかったので、その様子を確認したわけではないのですが(結果的にいなくて良かったんですけど)そう教えて頂いたので、きっとそんなことだったんでしょう。何かの用件でたまたま何人もの人が次々に来たという可能性があるのかということに関しては、考えてみてもそんな可能性はありません。多少の誇張があったりするのかもしれませんが、そういったことをわざわざ総帥に教えてくれるほどですので、事態は深刻だと思います。(ちなみに、6年ここに住んでいて、同じアパートの人と話したことなど数度しかありません。それも挨拶程度ですし)

以前にも似たことはあったのですが、それは新聞屋さんで、総帥が代金を払っていなかった(笑←お金が無かった)ので総帥が居留守を使うという攻勢に出たのですが、ピンポンの連打来ましたね。
あまりにうるさいので、ピンポンの電池をはずすという裏技も出しましたが、ウチには新聞屋の他に宅配便も来たりしますので不便でしょうがなかったです。
しかしそれにも気づかれたのか、ドアをガチャガチャやるところまでしたので、さすがにそれには警告を発しました。理由が理由なだけに何度も来た、いや、来ていただいたのはしょうがないんですけど、ウチはボロ家だから扉が外れたらたまんないです。

それで思い出したんですけど、総帥、先月~今月の新聞代を払ってないですわ。でも、今回は新聞屋の取立ではなさそうです。というのも、以前の警告が効いているのか気を利かせてくれたのかわかりませんけれど、2か月分の代金の書かれた振込用紙なんて便利な物を、先日、総帥家に届けてくれましたのでね。

しかし、他に疑うべきところがありませんので、一応、新聞屋に確認してみました。結果「早めに払ってくださいね☆ありがとうございます」という柔らかな言葉と共に、違うことが証明されました。



じゃあ誰だよ、ってことになるのですが…

…分からないよ、総帥には分からない。

警察に相談したら?って話もありますが、これが続くようならばそれも考えなければいけないことです。自分の不在の時の話なので、余計に怖いことで、そして説明はし難いと思われるのですが、それでも早めに手を打たないと…。


本気で引越しを考えようと思いました。てか絶対早く引っ越そ…。怖すぎる。総帥憤慨!!とかそんなこと言ってる場合じゃない。
埼玉こわーい、こわーい、こわーい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

フランスで早いわ
フランスで早いわけだ勢いなどを相当しなかったよ。


ちび総帥は、マル
ちび総帥は、マルイとここでマルイで化粧したかもー。
またマルイはここでマルイは話したいです。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。