まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ブレイブストーリー」+舞台挨拶

2006.07.08 (Sat)
今日から公開の映画「ブレイブストーリー」を観に行ってきました。公開初日ということで、舞台挨拶がある会場もあるそうで…って、何を思ったか、総帥は舞台挨拶もあるという新宿ミラノに行っちゃいました(しかも午前の回)。運良く前日くらいに今日のミラノのチケットが手に入りましてね。舞台挨拶なんてのは演劇以外は初めてかもしれません。ドキドキ。

会場に着くと、関係者受付なんてのもあって、田舎の映画館じゃ考えられないなと思いつつ、総帥は一般受付を通過したわけです。ホールでは取材のカメラなどがおいてあったり、報道関係、映画関係者など、お客以外の人も多そうでした。ここまでくると物々しいような感じさえします。さすが(都会の)公開初日。

会場の新宿ミラノ1ですが、やはりこうした舞台挨拶の会場に選ばれるだけあって大きいですね。あれだけ大きい映画館は、千と千尋を見たとき以来かもしれません(ふるっ)。そして、なんかVIPシートみたいなところもあるんですね。総帥の後ろの列でしたけど。関係者席でしたけど。

まぁそんな見慣れぬ映画の風景にびびりながら、予告に続いて映画本編が始まります。さてさて、映画の感想に行きましょうかね。


えーと…まだ公開初日なので、感想は簡単に。
総帥の事前知識と比較しての感想もちょこっと。

・総帥の全体評価
GONZOのアニメーションは大好きですが、これも素敵なアニメーションで満足です。声優陣もいい感じです。違和感なく楽しめます。ストーリーは原作を読んでいる方には足りないところもあると思いますが、ストレスなく進行している点で、原作よりさっぱりしていてまた違ったテンポで楽しめていい感じです。(イメージ的にはガンダムのゼータTV版と映画版の違いみたいなもんです(ちがうか))
話は分かりやすいです。単純とは言いませんが、心境の変化もあまり複雑なものでなくて、自分がスンナリ話に入っていけやすいかも…です。

なんかスッキリした気持ちになれますね。
久々に安心感のある映画を観たかなと。
子供がみたら、何を思うかな…

・ゲーム性?
原作者の宮部みゆきは大のゲーム好きで…とかそんな付加情報も、このブレイブストーリーの映画情報と共に良くきいた話ですが、ゲーム好きの原作者から生み出されるのが、ゲームっぽさとも限りませんからね。原作を読まないで映画を見られる方は、変な妄想と期待をして行かないほうが賢明です。

・子供向けという評価
試写会後にチラとそんな話も出てましたけど、まぁそうですね。そういう印象は確かにありますかね。逆に、これを大人向けに作ってどうするって話もありますけどね。子供さんも大勢観にこられてましたが、子供ウケするかは別にして、子供にも分かりやすい作りだということは言えます。分かりやすく、結構すんなりと話が進んでいく印象を受けました。変わった映画が多い中、こういうストレスがない良映画は大人にもいいんじゃないですか。ただし大人の場合には…特にお父さん、これをみてガックリしないでくださいな(笑)

・子供向けだったらこのシーンはだいじょうぶだろか…
いじめシーンがヒドイ(笑)そのあとのミツルくんの反撃が際立っていいんだけど…だいじょうぶかな。

・本→映画 の独特の…
本→映画 という進化を遂げたものの宿命…というか、あの独特の裏切られた感がなくもないです。こればっかりはしょうがない。総帥の隣のお姉さんが今回の場合におけるこの件について力説してました。てかあなた、妄想入りすぎですたい。そんな話じゃないよ。

・ファイ?笑
超個人的なことなんですけど、ツバサのファイくんとミツルくんがどこかかぶってしまって…(笑)

・松、大泉、素敵だ
松たかこ、すごいな。感心しちゃったよ。そして、大泉洋、よく合ってたなと。なんか不思議な距離感のある声がおもしろいなぁと思いました。ちなみに昨晩R30に大泉洋が出ていて爆笑しながら見てしまったんだけど、多才な彼がますます魅力的に見えてきましたね。他に、声優陣は結構話題の人物が出てたりしますが、正直あまりそこには興味はないです。

・作品への突っ込み+?
まぁ何、おもしろい突っ込みもあるけどやめとこ(笑)
要所要所で、ズキッとくること言ってるんですよね。大人こそ考えてみるべし。特に心が病んだ大人、総帥みたいな(笑)

ちょこちょこ出てくる、登場人物の家庭やそれを取り巻く事件について、少々考えてもみたり。そして、歌舞伎町ならでは?の映画予告も考えちゃったよ。子供を取り巻く環境は危なっかしくなってきたり、おかしな環境になってきてるからなぁ


こんなところにしておきましょうか。
他にも思い出したらこっそり追加しようかな。

さて、上映後の舞台挨拶についてもちらりと書いておきます。
総帥は午前の回でしたが、
松、大泉、今井、ウエンツ、監督が登場しました。
なんか報道関係の人の数がものすごい多かったし、生放送もしてたらしいです。そこでウエンツがちとすべってしまったわけですが…(笑)隣のおじさん不機嫌になってたよ、ウエンツ!どうすんだよ、ウエンツ!

アナウンサーによる質問形式?で5人がしゃべった後、観客をバックに写真撮影やらが行われました。キャストが客席の最前に立ち、ステージ上に報道のカメラマンが大勢固まってこちらを撮影している姿は異様でもあり、また、珍しいものをみたなぁと思いました。(普通、ステージの上「を」撮影するけれど、ステージの上「で」撮影するなんてねぇ…)

舞台挨拶内容はテレビとかで流れるかと思いますので、そちらに譲るとしまして、

以上ブレイブストーリー鑑賞+舞台挨拶のレポでしたー。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。