まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ人美術学生、西安の兵馬俑に扮するも御用

2006.09.18 (Mon)
ドイツ人美術学生、西安の兵馬俑に扮するも御用

今日の総帥的にちょっと面白かったニュース。

ちょっとヤンさん(←わかる?)を思い出した(笑)
※ヤンさんはパフォーマンス(パフォーミング?)アートの人ではありません

どうせやるならもうちょっとうまくやれよ…
いやいや、他でやってくれよと。
自作の軍服着用で警察に見つかるまでの数分間瞬きせず立ってたってんだからすごいもんだ。

パフォーマンス(パフォーミング?)アート、何年か前にどこかの路上で生で見ましたよ。確かにね、何かになりきって動かないし瞬きとかしないの。ああいった表現もなかなか面白いなと思ったけど、やってるほうは大変だろうなー。だって、動いてるより止まってる方が辛いもの。

以下記事引用。

 [北京 17日 ロイター] 中国の杭州でパフォーマンスアートを学んでいたドイツ人の美術学生が、世界遺産に登録されている西安の兵馬俑(へいばよう)のある場所に侵入し、兵士の1人に扮(ふん)したものの、すぐに警察に捕まった。
 この男性(26)は16日午後、約2000体の兵馬俑が保管されているくぼみに侵入。自作の軍服を着用し、持参した台の上に立った。
 中国の新華社によると、警察に見つかるまでの数分間、まばたきもせず、そのままじっと立っていたという。
 この男性は、軍服を没収され、杭州に送還された。

引用元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060918-00000756-reu-ent

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。