まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波乱のアメリカGP

2005.06.20 (Mon)
「琢磨、今期も表彰台に期待します」

なんて書いてた頃は良かった…
朝チラッと結果でも見てみようかななんて順位表にアクセスしたら、

???

何で6位までしかないの?!
気がつきゃ、B・A・R Hondaを含む、ミシュランタイヤ使用全チームがレースを棄権してるんだもの。そりゃー驚くよ。

---
14台がボイコット、異例レースに=優勝はM・シューマッハー-F1米国GP
フェラーリが今季初優勝! ミシュランに異例の事態
レース棄権したミシュラン勢がファンに謝罪
---
結局、ブリヂストンのタイヤを使用するフェラーリ、ジョーダン、ミナルディの3チームだけでレースが行われたみたいです。(6台は全て完走)

1  M.シューマッハ フェラーリ
2  R.バリチェッロ フェラーリ
3  T.モンテイロ ジョーダン



なんというレースになってしまったんでしょう。
予選ではヤルノ・トゥルーリがトヨタに初のポールポジションをもたらしたというニュースが沸かせていたり、琢磨も8位につけていたというから期待していたのに。

初日のラルフ・シューマッハの左リアタイヤのトラブルによるクラッシュ→
ミシュラン側:タイヤの安全性に問題が生じたとしてコースに複合コーナーを設置することなどをFIA(国際自動車連盟)側に申し入れる→
FIAは拒否。規則を譲らず。→
ミシュランタイヤを装着する7チーム、出走をボイコット…

ニュース記事を見る限り、こんな流れになっていたみたい。


思うところはいろいろですが、何はともあれ今季初の優勝、M・シューマッハに拍手を送ります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。