まりごん総帥の「これぞ総帥道!!」Mk-2

総帥の幅広い趣味や最近の話題について語ったり、日々の生活についてなど書いています。詳細はサイドバーをチェック!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総帥、やりすぎた

2006.10.07 (Sat)
久々に徹夜した…



裏組織総帥プロダクションが再び活動する日が来るなんて、思っても見なかった…いや、予想はしてたけど、こんなにも酷い状況の中で活動することになるなんて予想外だった。


今日は中間報告会(研究発表)。
それに伴い、昨日は前日の練習ラッシュ。総帥もチェックを入れます。夜になるにつれて次第にヒートアップしてきたんですけど、その日風邪で声が出なかった総帥も、気づいたら声が出るようになってたんだ。もうその位みんなラストスパートをかけていた。準備が遅かった割には(笑)それなりのモノになりそうな気がしたんだ。

大体の人間がそうだったはずなんだ…でも、そう、事件は現場で起きたんだ。


いつも言葉の端々にまで気を配って、どんなことだってオブラートで包むかのごとくソフトにソフトに言ってくれる(それを遠回しって言うのか…?)大魔神様…言っている内容は相当厳しくても、まあるい感じがあるから、大ボスのようにピンポイントでグサッとは突かない。急所は外してくれます、みたいな。



なんだけど、
ついに、ある一人に相当な直球投げちゃった…。



今まで見た・聞いた、大魔神様直球編のなかでも過去に例を見ない直球っぷりで、さすがに総帥も驚いた。去年の子達が発表の度にてんやわんやしてたり、どれだけ研究が進まないって言ってても、ここまでのレベルに達したことはない。総帥が過去大きくへこまされたときだってこんな直球ではなかった。


まぁそれほど状況は酷かったんだ…。


大魔神様はその人に以前にも相当な警告はしてたんだけど、二回目…。ソフトな言い回しじゃわからないと思ったのだろう。乾いた笑いすらもない大マジモードだ。その子は究極の選択が迫られたわけですが、本番までに「できるだけやる」ということで昨日の前日練習を終えてました。

そこからが大変なんですわ。一応総帥チームの人員ですので、総帥にも多少なりとも責任はありますし、何より、どうしようもない発表をあの場でさせるわけにはいかんのです。大魔神様のためにも、大ボスのためにも…そして、総帥自身のためにも…?それだけはどうしても避けたいのです。


総帥プロダクションが動きます。もう「協力:総帥プロダクション」って名前を入れてもいいくらいの編集作業が続きます。大幅な改編云々は前日(当日?!)とかにやるもんじゃないんですけど、もうそんなことを言ってもいられません。







途中、何度も何度も投げそうになった。
そもそもなんでこんなことやっているんだとか、本人に任せときゃいいじゃないかと思った。

でも、僕らの輝ける未来のために(?)…頑張ったよ。


途中、危機が訪れたこともありました…。
総帥は、咳は出るわ声は十分に出てないわ熱はあるわの三拍子揃った風邪っぴきだったんですけど、そもそも今日研究室で朝を迎えるとは思ってもみなかったので、風邪薬やいつも飲んでいる薬を持ってきていなかったんですよ。ご飯も買ってきていないし。

「薬が切れた」とか、はたから見たら危険な人物としか思われないような発言を繰り返していましたが、薬の効果が切れたんだなってのが分かるほどだったんですよ。だからなのか何なのか、朝方にかけて元気がなくなってきたし、おまけに何故かすごい吐きそうだった。

挙句、手が異様に冷えてたり、痺れてキーボード操作のみならずマウスさえも使えない有様になってみたり、急に腕が攣るという不思議現象。
そんな深刻な状態の時に限って、その時使用していた王子パソコンが酷い誤変換をしてくれて爆笑。漢字変換するたびにあれは腹の皮が攣りそうだった。どれだけおかしな顔文字入れてるんだか…。そういう顔文字が変換の際、上位に来てしまっていて、普通変換される漢字がなかなかでてこないんだもん。まいった。

その頃、総帥以上に不思議な現象が起きてました。総帥プロダクションのメンバーの一人が変なものを見てしまいました。窓の外に女性の顔が見えたんだって…(怖)


そんなことも越えて、そして時刻は4:57…
本人宛てに改作モノをメール添付で送信。
総帥、任務完了。

ともかく、終わったんだ…ということで研究室を後にしました。昨晩(今朝方)までの激しい雨嵐とは打って変わって静かな朝。寒々しい朝ですが、やり遂げた感のある総帥は、清々しい朝でもありました。木々の枝葉で覆われた道を歩き、そして帰宅。


実はこの帰宅後に第二の危機が訪れます。

弱っている時に無理をしたのが祟ったのか、帰宅直後から様子がおかしい。なんだなんだと思ったら、思わず目を疑うほど熱が上がってました。鏡を見たら、いつになく酷い顔をしてました。身体がゾクゾクしてました。ゾゾ~っとする気持ち悪さがこみ上げます。さすがにやばいなと思って、薬類を飲み、休憩。
このまま寝てしまってはいけないし、数時間後再び登校するまでに治まらなきゃ困るなと思って、床に座って軽く休憩をしてたんですけど…



…発表会に参加された方は分かると思うんですけど、総帥、いなかったですよね。いたと言われたらそれはそれで本人がビックリなのですが、まぁ結果的にはそういうことです。会場に足を運ぶ前に力尽きました。
関係者には大変申し訳なかったです。前日(当日早朝)までの協力で勘弁してやって下さい。

今日のご飯はお薬と点滴だぁ☆★(←全然うれしくない)
の総帥でした。げっそり…
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。